運動なしでメタボを解消する方法

メタボリックシンドロームを運動なしで解消してみよう!

>

解消法その1〜洗腸・オイル系〜

腸内洗腸(コロンハイドロセラピー)

腸を洗うことで宿便を取り除く方法の一つに『腸内洗腸(コロンハイドロセラピー)』というものがあります。
これは病院の消化器科で受けることができます。
保険が効かず、全部実費で病院によって15,000から30,000円ほどかかるのですが、病院なので安心安全に腸内をキレイに洗ってもらえるのが大きなメリットですね。

一応自宅でもできる専用のキットも売っています。
ただ節度ややり方をしっかり守らないと自力での排便が困難になってしまったケースもあったみたいです。
自宅だと毎日やろうという方もきっと多いのでしょうね。

自宅でやる場合には1週間に一回など、節度を守って自己責任で行ってくださると幸いです。

安心安全、かつ確実に宿便をキレイにしたい方はぜひ洗腸を行っている病院を探して行ってみることをお勧めいたします。

ひまし油湿布

ひまし油とは、世界中で大昔から利用されてきた油です。

かのクレオパトラはひまし油の保湿作用を気に入って、顔に塗ったり目薬として目の健康にも気を使っていたとされています。

このひまし油を湿布にして使うことで、皮膚からひまし油が4分くらいで内臓まで浸透していき、小腸の排泄の動きを活性化させて宿便の排出を促します。

やり方は、ひまし油・フランネル・ラップ・汚れてもいいタオルを準備。
(フランネルは柔らかく集めの布)

フランネルと右脇腹が覆われるくらいの大きさに畳む。
それをフランネルより2、3まわり大きめにきカットしてラップに乗せておきます。

フランネルにひまし油を約100ml、浸透させます。
そのフランネルを右脇腹(肝臓にひまし油を浸透させるため)にあてがいます。

その上にタオルを巻いて、1時間ほど横になって浸透を待ちます。

これを3日間続けて4日は休むを3週間繰り返して、そのあとは1週間丸々休みます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る